カテゴリ:②肴研究( 1 )
国東塔おでん、一応の完成を見る
昨年のことである。

大阪駅前第二ビルの地下にある
立ち呑み名店「山長酒店」ここでのこと

神戸角打ち学会の
渡邊会長が思わぬ「見立て」を

三角揚げと大根のおでんを
上下に並べ

国東塔だ!




酒文化と、宝塔(石塔)文化が見事に融合
した瞬間。大分の石造文化の
優雅な姿、国東塔。国内に広く普通にある
「五輪塔」と比べ、優美な形に特徴がある。


a0194942_21195518.jpg

一般的な「五輪塔」

a0194942_2154364.jpg

国東半島だけにしかない「国東塔」

◎これが国東塔。大分県国東半島にだけ
  存在する宝塔。

  傘、塔身、と、基礎の間に
  「蓮華座」と呼ばれる
  優美な「座」が存在する。


優美さを論じる前に、一般的な
「国東塔おでん」を紹介する

a0194942_2194544.jpg


これは、大阪駅前第二ビル地下の
「たよし」の国東塔おでん。

◎三角揚げと、大根を組み合わせたおでんを
  神戸角打ち学会では簡易型

 「国東塔おでん」

 と命名。


ところで、その後会長から「優美さが出ないか」
と提案があり、そのミッションに答える日々。


①傘の反りの優美さを出してみる

a0194942_21224133.jpg


傘の揚げに串を打ち
基礎の焼き豆腐を添える


でも、平面的なので、立体的

自立式国東塔おでん
に取りかかかる。


②自立式を試みる


a0194942_21251587.jpg


傘は三角上揚げ、塔身は、縦向きにした大根
蓮華座には丸天(二重蓮華座)
さらに傘の上に載る相輪は
五目豆で。


なにかバランスが悪い。
さらに、これを関西でなく
地元大分でこさえるには難がある。
それは、こうだ。



◎浪速立ち呑みの真実◎

わが著書「立ち呑みの流儀」にも
掲載したが、浪速立ち呑みの特徴に

「小さい皿に大きく盛る」


というスタイルがあることに気づく。
狭いカウンターにたくさんのアテを
並べるのに都合がいいのと、
皿からはみ出すアテに景気のよさを
感じるからである。



a0194942_21293771.jpg


関西は:三角揚げ
が主流である。小皿でのバラスがいい。




一方、

大分は:四角揚げ
が主流である。


a0194942_21472934.jpg


角打ち定番のチーズも

関西は「三角」と呼んで三角チーズだが
九州は「四角」チーズが主流



a0194942_2137636.png


「やよ福フアンクラブ」のKORIKORIさんの
ブログで、広島も、四角揚げのようだ。


そうであるなら、傘を揚げでこさえるのを
断念し、すべてを

大根

でこさえることを思いつき実際に
こさえてみた。


まだ優美さが足りず、更に修練が
必要であるが、ここに一応の
公開をして、今回の報告は終わりとする。


a0194942_21423937.jpg



a0194942_21434048.jpg



宝塔文化と酒文化の
新しい融合である。



※どこか、「国東塔おでん」を
  おでんメニューに加えてくれる店は
  ないものだろうか。

  「西の関」のアテにして食べたい!

[PR]
by koubekakuuti | 2012-01-27 21:13 | ②肴研究
  

酒を心から愛し、角打ちの文化を研究する会合の事務局ブログです
by koubekakuuti
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
メモ帳
■会長ブログ■

神戸角打ち学会
(至福の立ち呑み)



■関連学会■

大分
長浜角打ち学会



■関連研究会■

北九州
角打ち文化研究会







■神戸立ち呑みDV■

慕撫さんの
「Kobe standing bar」






■会是■

・角打ち「祖形文化」の深耕と伝承

・足腰の鍛錬、酒味の追求
 地霊の畏敬

 (健康、感性、感謝)





■角打ちについて■



●「角打ち」の定義

①酒屋の立ち呑みの祖形

②包丁、まな板、コンロを使わない簡単な「アテ」を出す立ち呑み

③酒屋小売価格と同じ価格で飲ます立ち呑み

そのほか

・メニューを貼ってない
 (酒料金は表示ある場合も)
・個別の伝票がない
 (広告の裏など利用)

  ※最近気づく




●「立ち飲み」とは

・居酒屋から椅子を取り除いたもの



●「立ち呑み」とは

・酒屋が飲食システムを
付加したもの



●「角打ち」とは

・量り売り酒屋が、持ち帰る
 前に枡でのませたもの
 (枡の角で飲む意)



●「角打ち」と「立ち呑み」のアテより見た境界

・煮る範疇は「立ち呑み」
 (鍋、コンロ、まな板、
  包丁使用)

・加熱、焼くまで許される
 「角打ち」
 (電子レンジ、ストーブ上)






■角打ち学会テーマ部会

①酒研究部会

 佐野(PAPA)さん

②肴研究部会

 吉田(写真酒)さん

③形態研究部会

 伊藤(HAKUDOU)さん

④開拓研究部会

 渡邊(慕撫)さん



(テーマ凡例)

・「角打ち」と「立ち呑み」の
 境界
・なぜ「立って」呑むか
・なぜ「コップ」で呑むか
・神戸「角打ち」の核心は
 (大阪立ち呑みとの一線)
・「角打ち」の作法探求
・「神戸角うち」人気
 店、アテ、酒
 ランキング
・器、温度による酒味相性
・神戸ハイボール再現
・チュウハイを極める

■角打ち学会推薦酒■

 ・仙介
 ・大黒正宗
 ・道灌
 ・菊正宗


 ・豊潤
 ・八鹿
 ・一の井手
 ・右近橘


  ◎オリジナル清酒を造る

■神戸と大阪立ち呑み
 スタイルの違い

①看板酒が灘酒

 (看板酒は、伏見・灘他)

②紹興酒あり

 (河内ワインあり)

③灘酒200ミリコップ

 (酒販組合200ミリコップ)

④蒸し豚あり

 (どて焼きあり)

⑤比較的静か

 (賑やか多し)

⑥椅子・足台ありも

 (麦酒ケース代用椅子)



大阪立ち呑み
九州角打ちの


汽水域


■今後の活動

 年6回の部会
 年1回の総会

■入会申し込み

事務局へ

 お名前、住所を

 tatinomi@hotmail.com

まで


■あわせて読みたい■


レコメンデーションエンジン


フォロー中のブログ
立ち呑み漂流
最新のトラックバック
ライフログ
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
イベント・祭り
画像一覧