カテゴリ:イベント情報( 53 )
いよいよ本番
昨日は、会長ご夫妻、写真酒さんと
会場下見を兼ねて、「神戸角打ち」で
飲酒歓談。




a0194942_82947.jpg


枡は菊正、コップの酒は「仙介」









■「角打ち」の語源について
 写真酒さんの高説を

 伺う。

まさに目からウロコ、
またこれは次回。



会長よりの嬉しいお知らせです

次の方々が新たに参加されます。
泉酒造(株)営業部長 海野信一氏
入野さん、幸さん、平川さん(ポニョさん)、ハーレー夫妻(カナダ出身)

当日の鑑評酒です。
『仙介・灘御影郷』  『豊潤 初しぼり・大分』  『豊潤 大分三井』 

【当日の鑑評酒】
 『豊潤 かん酒』  『右近橘・奈良』  『山頭火・山口』
幻の酒米 「大分三井」 で初めて醸した小松酒造場の新酒は興味を引きます。
[PR]
by koubekakuuti | 2011-02-08 07:45 | イベント情報
■発会式ご参加、続々、角打ち族、続々!
今日は旧暦の元旦。生活感覚には「太陰暦」があいますね。
会長からのご連絡です。11日の参加、続々更新です。


★    ★    ★    ★


会長より

新たな発会式出席者の方々です。

大黒正宗後援会 『大笑快(会)』会長 松宮功氏

兵庫県立大学大学院教授 工学博士 力宗幸男氏
(buroguru 神戸の蕎麦打ち)

下林さん、荻野さん、小山田さん、池野さん。



以上の6名の方が新たに参加して頂けるようになりました。
よろしくお願い致します。


30名

を超える参加をいただけそうです。


a0194942_5585829.jpg

大分:御手洗酒店での七輪画像です。

心まで温まる角打ちの風情。


  ■発会式会場である

   「神戸かくうち」HP

   ご覧下さい。HP中のブログもぜひ!

[PR]
by koubekakuuti | 2011-02-03 06:01 | イベント情報
発会式に大分から、北九州から、続々!

◎会長よりの嬉しいお知らせです!


当日は北九州から、『北九州角打ち文化研究会』 の安行氏が,

a0194942_6424883.jpg

「角打ち文化研究会より借用画像です」

また大分より、『大分・長浜角打ち学会』 の藤田氏が、


a0194942_6472351.jpg

「長浜角打ち学会より借用画像です」

地元神戸より、『灘の地酒を飲もう会』 の会長、佐野氏がご出席されます。

さらに、大分県大阪事務所より竹田次長がご出席して頂けるようになりました。
また大分県の地元紙であります、大分合同新聞大阪支社より
稲積氏もご出席いただきます


   ★    ★    ★     ★


また地元の雄、神戸新聞も酒材(取材)予定です!

『神戸角打ち学会』の今後に光明が
見えてきました。

■大阪『立ち呑み」と、九州「角打ち」の混在する


汽水域



 としての「形態研究」を本気でやる必要が
 ありますね。

 神戸という、土地柄と「酒とのかかわり」が
 このテーマで観えるかもしれません。


そのためにも、「大分・長浜角打ち学会」
北九州・「角打ち文化研究会」との
交流が大切ですね。



 ■発会式会場である

   「神戸かくうち」HP

   ご覧下さい。HP中のブログもぜひ!

[PR]
by koubekakuuti | 2011-02-02 06:35 | イベント情報
  

酒を心から愛し、角打ちの文化を研究する会合の事務局ブログです
by koubekakuuti
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
メモ帳
■会長ブログ■

神戸角打ち学会
(至福の立ち呑み)



■関連学会■

大分
長浜角打ち学会



■関連研究会■

北九州
角打ち文化研究会







■神戸立ち呑みDV■

慕撫さんの
「Kobe standing bar」






■会是■

・角打ち「祖形文化」の深耕と伝承

・足腰の鍛錬、酒味の追求
 地霊の畏敬

 (健康、感性、感謝)





■角打ちについて■



●「角打ち」の定義

①酒屋の立ち呑みの祖形

②包丁、まな板、コンロを使わない簡単な「アテ」を出す立ち呑み

③酒屋小売価格と同じ価格で飲ます立ち呑み

そのほか

・メニューを貼ってない
 (酒料金は表示ある場合も)
・個別の伝票がない
 (広告の裏など利用)

  ※最近気づく




●「立ち飲み」とは

・居酒屋から椅子を取り除いたもの



●「立ち呑み」とは

・酒屋が飲食システムを
付加したもの



●「角打ち」とは

・量り売り酒屋が、持ち帰る
 前に枡でのませたもの
 (枡の角で飲む意)



●「角打ち」と「立ち呑み」のアテより見た境界

・煮る範疇は「立ち呑み」
 (鍋、コンロ、まな板、
  包丁使用)

・加熱、焼くまで許される
 「角打ち」
 (電子レンジ、ストーブ上)






■角打ち学会テーマ部会

①酒研究部会

 佐野(PAPA)さん

②肴研究部会

 吉田(写真酒)さん

③形態研究部会

 伊藤(HAKUDOU)さん

④開拓研究部会

 渡邊(慕撫)さん



(テーマ凡例)

・「角打ち」と「立ち呑み」の
 境界
・なぜ「立って」呑むか
・なぜ「コップ」で呑むか
・神戸「角打ち」の核心は
 (大阪立ち呑みとの一線)
・「角打ち」の作法探求
・「神戸角うち」人気
 店、アテ、酒
 ランキング
・器、温度による酒味相性
・神戸ハイボール再現
・チュウハイを極める

■角打ち学会推薦酒■

 ・仙介
 ・大黒正宗
 ・道灌
 ・菊正宗


 ・豊潤
 ・八鹿
 ・一の井手
 ・右近橘


  ◎オリジナル清酒を造る

■神戸と大阪立ち呑み
 スタイルの違い

①看板酒が灘酒

 (看板酒は、伏見・灘他)

②紹興酒あり

 (河内ワインあり)

③灘酒200ミリコップ

 (酒販組合200ミリコップ)

④蒸し豚あり

 (どて焼きあり)

⑤比較的静か

 (賑やか多し)

⑥椅子・足台ありも

 (麦酒ケース代用椅子)



大阪立ち呑み
九州角打ちの


汽水域


■今後の活動

 年6回の部会
 年1回の総会

■入会申し込み

事務局へ

 お名前、住所を

 tatinomi@hotmail.com

まで


■あわせて読みたい■


レコメンデーションエンジン


フォロー中のブログ
立ち呑み漂流
最新のトラックバック
ライフログ
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
イベント・祭り
画像一覧