年賀に換えての会員「研究発表」が届きました
神戸角打ち学会会員の皆様、
あけましておめでとうございます!
学会員の慕撫会員より、新春の研究発表
が届いています。

秋の会合の、神戸ハイボール再現
炭酸研究、もう一本の柱の
「たこ焼き」研究。

みんなで材料を持ち寄り研究した
総括をしてくださいました。

  事務局:記






角打ち学会の皆様へ


大変遅くなりましたが、『創作たこ焼き』研究のまとめをアップいたします!
(学会ブログのコメント欄では文字数が多くてアップできませんでしたので、
こちらにアップいたします)

酒呑みのたこ焼きというもの(2011年11月5日に行なわれた
『創作たこ焼き』研究のまとめとして)

a0194942_1633545.jpg


農家食堂のたこ焼きは5個で100円。生地にしっかりと味がついているから
何もつけなくて美味い。これだけで日本酒1合は堪能できる。
日本酒のアテなのだから1個を一口でパクリといってしまうのでなく
四等分ぐらいにしてチビリチビリやりたい衝動に駆られつつ、
やはりたこ焼きはいさぎよく1個を一口でパクリといくのがよい。
2合目の日本酒は出汁に浸したたこ焼きでやるのがよい。
三つ葉を浮かすのもいいけど、あれは玉子焼き(明石焼き)。
出汁にさっとくぐらせたのをパクつくのもよいし、しばらく浸して
ふやけたやつをパクつくのもよい。

3合目は出汁に浸してウスターソースを掛ける神戸たこ焼きでやるのがよい。
ウスターソースの酸味が加わった出汁はそれだけでアテになる。

さて、そんな農家食堂のたこ焼き生地とたこ焼き器を使った贅沢にも
罰当たりな『創作たこ焼き』研究。
具として取り出したるは、まずはウズラの卵の水煮(缶詰)。
たこと同様で具にそれほど濃い味がついていない創作例。
たこはしっかりとした歯ごたえが楽しめてウズラの卵は
ほくほくとした歯ごたえが楽しめる。

続いて取り出したるはコンビーフ。生地よりも濃い味がついているから
これはしっかりと日本酒のアテになる。同系列の具に
牡蠣の燻製(缶詰)や肉するめがある。これらをダブル、
トリプルで投入すると、もはや研究の域を飛び出して
酒池肉林にして阿鼻叫喚の酒宴が繰り広げられることになる。

ほどよいところでチーズやポテトをあらかじめ混ぜ込んだツナ缶も美味い。
生地と同じくらいの適度な味がついていてたこ焼きとしての、いやいや、
ボール焼きとしての完成度が高い。

忘れてはならないのが創作出汁。ツナ缶を使ったボール焼きなどは
コンソメスープに浸してなお美味いのではないか。




こうして次の研究は花見の宴に繰り越されるのである。




ありがとうございました。
研究が終わらす次に持ち越されるという
ところがいかにも慕撫会員の
真骨頂。

神戸角打ち学会を貫く
研究精神ですね。



会員からのコメントお待ちしています

  けれども・・・・
  会員を装ったなりすましコメントは辞退申し上げます。



■新入会員のご紹介■


この年末年始にかけて

大山元さん

ファンファンさん

ひまちゃんさん



3名のご入会をいただきあした。
会員の皆様宜しくお願い
申し上げます。

[PR]
by koubekakuuti | 2012-01-01 16:32 | 角打ち学会基本

酒を心から愛し、角打ちの文化を研究する会合の事務局ブログです
by koubekakuuti
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メモ帳
■会長ブログ■

神戸角打ち学会
(至福の立ち呑み)



■関連学会■

大分
長浜角打ち学会



■関連研究会■

北九州
角打ち文化研究会







■神戸立ち呑みDV■

慕撫さんの
「Kobe standing bar」






■会是■

・角打ち「祖形文化」の深耕と伝承

・足腰の鍛錬、酒味の追求
 地霊の畏敬

 (健康、感性、感謝)





■角打ちについて■



●「角打ち」の定義

①酒屋の立ち呑みの祖形

②包丁、まな板、コンロを使わない簡単な「アテ」を出す立ち呑み

③酒屋小売価格と同じ価格で飲ます立ち呑み

そのほか

・メニューを貼ってない
 (酒料金は表示ある場合も)
・個別の伝票がない
 (広告の裏など利用)

  ※最近気づく




●「立ち飲み」とは

・居酒屋から椅子を取り除いたもの



●「立ち呑み」とは

・酒屋が飲食システムを
付加したもの



●「角打ち」とは

・量り売り酒屋が、持ち帰る
 前に枡でのませたもの
 (枡の角で飲む意)



●「角打ち」と「立ち呑み」のアテより見た境界

・煮る範疇は「立ち呑み」
 (鍋、コンロ、まな板、
  包丁使用)

・加熱、焼くまで許される
 「角打ち」
 (電子レンジ、ストーブ上)






■角打ち学会テーマ部会

①酒研究部会

 佐野(PAPA)さん

②肴研究部会

 吉田(写真酒)さん

③形態研究部会

 伊藤(HAKUDOU)さん

④開拓研究部会

 渡邊(慕撫)さん



(テーマ凡例)

・「角打ち」と「立ち呑み」の
 境界
・なぜ「立って」呑むか
・なぜ「コップ」で呑むか
・神戸「角打ち」の核心は
 (大阪立ち呑みとの一線)
・「角打ち」の作法探求
・「神戸角うち」人気
 店、アテ、酒
 ランキング
・器、温度による酒味相性
・神戸ハイボール再現
・チュウハイを極める

■角打ち学会推薦酒■

 ・仙介
 ・大黒正宗
 ・道灌
 ・菊正宗


 ・豊潤
 ・八鹿
 ・一の井手
 ・右近橘


  ◎オリジナル清酒を造る

■神戸と大阪立ち呑み
 スタイルの違い

①看板酒が灘酒

 (看板酒は、伏見・灘他)

②紹興酒あり

 (河内ワインあり)

③灘酒200ミリコップ

 (酒販組合200ミリコップ)

④蒸し豚あり

 (どて焼きあり)

⑤比較的静か

 (賑やか多し)

⑥椅子・足台ありも

 (麦酒ケース代用椅子)



大阪立ち呑み
九州角打ちの


汽水域


■今後の活動

 年6回の部会
 年1回の総会

■入会申し込み

事務局へ

 お名前、住所を

 tatinomi@hotmail.com

まで


■あわせて読みたい■


レコメンデーションエンジン


フォロー中のブログ
立ち呑み漂流
最新のトラックバック
ライフログ
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
イベント・祭り
画像一覧